読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪人の中に入って彼らを矯正しようとしてもそれほど危険はないだろう

  そして、身持ちの悪い人間を改心させるのは容易なわざではないということが、彼にもわかったのだ。

 

  フレデリックをはんの少しでも改心させられるどころか、やっとそれに気づいたときはもはや手遅れだった。ブレデリックと親しくしていたおかげでルーシャスは、自分の属する社会での評判を落とすことになった。牧師やその道の専門家なら、悪人の中に入って彼らを矯正しようとしてもそれほど危険はないだろう。

f:id:fennrry:20170302124151j:plain

 

まじめさは人から信領されるための資格である

f:id:fennrry:20170220153402j:plain

  反対に、旅館でも後にするかのように心おきなく家と家族を残してただちに外出でき、帰って来るまでに何も悪いことが起こるはずのないのが当然のことと信じて疑わないでいられる夫は幸福である。

 

  そして、払のように本や原稿を散らかしっばなしで外出しても、帰ってみるときちんと整頓されていたり、植木屋の靴の跡でよごれていた家の中も、留守の間にきれいに掃除されているようなら幸福である。まじめさは人から信領されるための資格である。

崔順実ゲートの影響

2017年2月3日、韓国・ニューシスによると、サムスングループの今年上半期の採用時期と規模がいまだに決まっていない。

サムスングループの関係者は3日、上半期の採用予想規模等について、「まだ決まっておらず、公開する内容はない」と伝えた。これまでサムスングループは、2月中に人材採用のための計画を行い、3月に公式採用サイトから願書を受け付け、サムスン職務適性検査(GSAT)を4月に行っていた。

しかし、崔順実(チェ・スンシル)ゲート(一般人が国政に介入した容疑)と関連した特別検察によるサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長に対する調査などで、経営が事実上ストップしている状態だ。財界関係者は、「今のところ、サムスンは採用を通常の時期に行うのか予断できない状況」とし、「状況によっては、少し延期されることもあるという予想が支配的」と述べた。

採用予定が決まらないサムスンに対し、「李在鎔がいなかったら採用も行えないのか」「企業の総帥(李在鎔副会長)を締め付けたら採用をしないという国民に対する脅迫だ」「企業の道徳性と社会的責任追及の問題に、就活生たちが人質に取られている」など批判的な意見が寄せられた。

貧乏の苦しみから抜け出ようとさえ思わなくなる人も多いのである

   ある商人のいうところでは、開店後数カ月というものは、ほとんど売り上げのない日が毎日続いたという。それが仕事に精励し倹約につとめたおかげで、数年後にはとうとうかなりの財産を築き上げたのである。 

 

  かと思うと、成功のチャンスに恵まれながら、どんな計画を立ててもそれを着実にやり遂げる態度に欠けるために、長年の間にだんだんうらぶれた暮らしぶりとなる人もいる。貧乏の苦しみから抜け出ようとさえ思わなくなる人も多いのである。

f:id:fennrry:20170119112319j:plain

 

相手の避難に対する考えられるかぎり最善の対応である

f:id:fennrry:20170109121057j:plain

  自分も相手と同じように不機嫁になってしまっては、相手の病気を治せないではないか。沈黙か、少なくとも先程の話のクェーカー教徒のような穏やかな言葉使いが、相手の避難に対する考えられるかぎり最善の対応である。

 

  相手に自らの感情を気づかせ、それを申しわけないと思わせるのが相手の心の病気を治すための対処の仕方である。このように考えるならば、殴り合い・決闘・戦争など、あらゆる暴力は途方もなく愚かなことだということが、容易にわかるはずである。

「ケリング」有給の産前産後&養子縁組休暇、パートナー育休制度をを導入

 「グッチ(GUCCI)」や「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」を傘下に持つラグジュアリー・グループ「ケリング(KERING)」は育児支援制度の一環として、2017年1月1日より最低14 週間の産前産後休暇および養子縁組休暇の取得、さらに最低5日間の父親またはパートナーの育児休暇の取得を可能とする制度を導入。休暇期間中は、いずれの場合においても100%の賃金が保障される。

 グループならびに傘下のブランドを含むグループの育児支援制度に導入し、世界約60か国38,500人以上の社員が対象。より良いワーク・ライフ・バランスを推進し、性別や個人的状況に関わらず均等にキャリアアップする機会を提供し、世界各国のグループ社員に同レベルの社会的便宜を確保することが目的。勤務国の育児休暇制度がケリングの制度よりも優遇されたものである場合、その国の制度が適用される。

 「ケリング」のフランソワ=アンリ・ピノー(Francois-Henri Pinault)会長兼CEOは「私にとって重要な意味を持つこの取り組みは、女性・男性を問わず、また個人的状況に関わらず、職場における機会均等を保障することを明示しています」とコメントしている。