読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ケリング」有給の産前産後&養子縁組休暇、パートナー育休制度をを導入

 「グッチ(GUCCI)」や「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」を傘下に持つラグジュアリー・グループ「ケリング(KERING)」は育児支援制度の一環として、2017年1月1日より最低14 週間の産前産後休暇および養子縁組休暇の取得、さらに最低5日間の父親またはパートナーの育児休暇の取得を可能とする制度を導入。休暇期間中は、いずれの場合においても100%の賃金が保障される。

 グループならびに傘下のブランドを含むグループの育児支援制度に導入し、世界約60か国38,500人以上の社員が対象。より良いワーク・ライフ・バランスを推進し、性別や個人的状況に関わらず均等にキャリアアップする機会を提供し、世界各国のグループ社員に同レベルの社会的便宜を確保することが目的。勤務国の育児休暇制度がケリングの制度よりも優遇されたものである場合、その国の制度が適用される。

 「ケリング」のフランソワ=アンリ・ピノー(Francois-Henri Pinault)会長兼CEOは「私にとって重要な意味を持つこの取り組みは、女性・男性を問わず、また個人的状況に関わらず、職場における機会均等を保障することを明示しています」とコメントしている。